ウメソースタッフ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『薄型テレビ』

<<   作成日時 : 2011/06/21 15:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。本社Jです。

突然ですが、いよいよ迫ってきましたね。

アナログ→地デジへの移行。

ご存知の様に、7月24日(日)からはアナログのテレビは、基本的には観れなくなってしまいますね。

皆様はもう買い替えは済まされましたかぁ??

そこでですが、最近『薄型テレビ』の価格が急激に下がってきましたね。

一昔前は「1インチ1万円」が基本でした。

しかし、今はナント「1インチ1千円強」が基本だそうです。

売れ筋と言われる、32型薄型テレビの5月の平均価格は、4万6700円で1月よりも、1万円強下がったとの事。

2年前と比較すると、ほぼ半値なんだそうです。

メーカー品は作れば作るほど、1個あたりのコストを抑えられる。

工場で働く人が作業に慣れたり、生産の仕組みを改良したりするからだそうです。

生産した数の合計がそれまでの2倍になると、コストは2〜3割下がるのが一般的と言われてます。

『薄型テレビ』はインドなど新興国でも大人気。

今年の出荷数は全世界で、2億2000万台を超え、7年前に比べ20倍に増える見込みとの事。

コストが下がるから、値下げできる状況になっているんですね。

ところで、『薄型テレビ』がどんどん値下げされるのに、冷蔵庫や洗濯機の価格がなかなか下がらないのは何故???

調べてみました。

いわゆる、白物家電は国ごとに製品が少しずつ違うので、生産量が増えないのです。

例えば、中東のお金持ち向け冷蔵庫は、使用人に食品を持ち出されない様に鍵付き。

国ごとに、別々の製品を用意しなければならないと、なかなか安くする事が出来ないそうです。

もう1つ、『薄型テレビ』で使う部品は規格さえ満たしていれば、相性を気にせず自由に組み合わせる事が可能なんだそうです。

液晶パネル等を買い集めれば、割と簡単に高品質の製品が出来上がるらしいです。

後から生産し始めた、韓国や台湾の企業が『薄型テレビ』を安く売り出せたのはこのためなんですね!

『薄型テレビ』と同じ理屈で、一足先に製品の価格が下がった例が、『パソコン』ですよね。

いずれにせよ、我々消費者からすると「値下げ」は大歓迎です。

「自動車」でも、もっと値下げ競争が激しくなればいいのに・・と思うのは私だけでしょうか。。

何故もっと安くならないんだろう・・調べてないんで分かりません。。

追伸ですが、『薄型テレビ』という単語もその内なくなりそうですね。。



ウメソーホームページはこちらから

ウメソー日記を見てくださってありがとうございます!
  ブログランキングに参加しています。

    
広島ブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『薄型テレビ』 ウメソースタッフ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる